fidji~フィジーなとき

好きな音楽とイメージで創る 男と女の世界☆

2012年09月

遠い道

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!








築かれた下にある 血の大地


thumb5



僅かな常の痛み
遠い時たちが 些細だと笑う


Disc7-1 (1666)
Disc7-1 (1669)



戻せない時間 
あるのは 無心の道のり


By.sum










ラジアント・ビューティー

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



賑やかな街並みから少し離れて、その店はあった
古い友を懐かしむかのように、何度も男の顔を見ては
目尻に皺を寄せ、主人はその手を握った

久しぶりですね、こちらへはいつ?今回は休暇ですか?
ん?、、ああ、2日前に来たんだ、相変わらず
仕事も休息も ‘‘あって無い’’ 様なものだよ
いつも寄って頂き嬉しいですよ、どうぞいいお時間を、、

客の邪魔をせず、暫く散策させる姿勢が心地いい店である
目的もなく、立ち寄る、、という中に、何となく旅人の心が見える
と主人は言ったことがある 目で品を追いつつも、旅人の多くは
何かを捨ててきた傷を、埋めようとする心に溢れている、、
多くを見てきた主人の目には、語らずとも見えるのだろう

それで、今日のお目当ては・・・?
分かっているのに、いつもそうやって客の扱いが上手い主人が聞いた
そうだな、味気ない男の求める「温もり」と言ったところだろうか(笑)
・・・分かりました(笑)、、少しお時間を頂きます

男は、何気に口にしたものの、さして気にも留めていなかった
馴染みの骨董屋は、英国でも有名な老舗で評判だが
男が趣味として求める店ではなく、店内の落ち着きと漂う空気
そして、心を知り尽くした主人が、何よりも気に入っていた

数年前、ふらりと訪れたのをきっかけに、毎回足を運んでは
主人の目利きの良さに、まんまと買わされる・・・
勿論、お互いが気休めだとは、充分理解しての上でだ
それでも、その時間が「呼吸をしている」と思えるときでもあった

今日もまた ‘‘老いた主人を喜ばす上客になるな’’ 
壁に掛かった褐色のランプを眺めながら、男は少し可笑しくなった
数分が過ぎ、奥から現れた主人の手に抱かれた品を見た時
男の目は奪われ、しばし呼吸さえも忘れていた



atworth_lp13860-1-260_3



いかがでしょうか、、あなた様のお求めではない品だと
よく分かっております ですが、趣味を越えた何かを
感じたものですから、この老いぼれの情が揺らいだと笑って頂き
あなた様の欲(ほっ)する「温もり」には、なれませんでしょうか?

男は、主人の言葉もよく聞き取らずにいた ただ、美しい
妖精の姿に見入っていた  ‘‘その顔に見覚えがある’’ と
探す脳裏には、紛れもない同じ瞳が重なっていた

語ろうとする どこか哀しげな瞳

男の記憶から決して消えない瞳だった 自分が遠ざかっても
離れることなく、傍にいて支える糧であった
その距離だけが、自分を正気に保たせていたのだ

主人は、男の何も知りはしなかった だが、殻を持つ者の目を
幾人か見てきた その中でもひと際、男の哀しげな目を見ては
合う度に安心と、その変わらぬままの目に胸が軋む思いだった

お互いが沈黙し、心だけで語っていた

先に目を上げたのは、男の方だった そして言った
有難う、また寄るよ・・・その時にもう一度見せてくれないか?
主人は、黙って頷いた 言葉が出なかったとも言える

男の後ろ姿を見送りながら、主人は手の中の妖精に呟いた
‘‘おまえさんは、大した妖精だよ、私の心までも伝えたんだな’’
主人の持ってきた品は、売り物ではなかった

男は、妖精の瞳に記憶を馳せることで、主人の思いを汲み取った
貰おうと言えば、何も言わずに渡すつもりだった主人だ
「温もり」が決して満たされる品ではないのは、承知の上で
愛しい者が、本当の意味で傍に来る日を望んでいたのだ

自分のお節介さを、後ろめたく笑いつつ、物言わぬ男の哀しさと
生き様に、年甲斐もなく感情が揺れる思いの主人だった
いつまでも、ここを訪れて欲しい、、だが、反面では、真の温かさを
手に入れ訪れる事なく、安住の日をも願っていた

さっきまで降った雨に、男の歩く道が光る
冷えかかった心に 微笑みの晴れ間が差していた


By.sum


vol37_photo04_big











ククルカンが降りる地

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!




舞い降りた 美しき化身たち






幾千の時を経ても なお
迷い人に 姿を現す地


By.sum



bandicam 2012-01-08 20-49-25-272














風薫る

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!






ただ迎えるだけの想いに 
無邪気な高鳴り

花言葉が映す姿


middle_1322234287



今は 遠い風が
薫るだけだとしても


By.sum



disc8-5 (364)












プラハの落日

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!









横たえる身体
動くことも 忘れたまま


20101031183736e3c



盛装の道案内が居る街
疲れた旅人を 物言わずもてなす



lrg_16302593



冷たく包む石畳に
足音も響かせず 独り


By.sum











runway

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!




hiway_20x30_fs


何ひとつ見えない
運命だけが知る 世界







挑む者だけを導く
   愛の名を 隠したまま・・・



disc8-1  (3909)disc8-1  (3876)
disc8-2 (7739)disc8-2 (7731) 
disc8-2 (6337)disc8-2 (6336)


いつか 届く光 
走路の先にあるもの


By.sum



70f62a70





 





涙のパレット

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!








曲線もなく 色を足す事も知らず
走るだけの筆を 少しだけ 
横に置いて・・・



Disc7-1 (1097)Disc7-1 (1101)
Disc7-1 (1094)Disc7-1 (1091)



互いに零れ落ちた 心のかけら
優しく 時が埋めてゆく
涙のパレット


By.sum




63d936b161b7fff4a12220e68ecca154












☆ はじめに・・・☆          音楽に関しては、サイズが小さくサイトでご覧頂く 場合があります。また残念ながら、削除される事 もありますので、あらかじめご理解下さいませ。
ある男「マエストロ」が描く空気。無人島という地で、ドラマを離れた自由な世界を味わう。イメージを広げるフォトと音楽は、男と女、自身の自画像として、言葉の中に込めたあらゆる思いを一層深いものにし、刺激してくれる・・・。そういう自由な感性を楽しんで頂ければ嬉しいです☆ By.sum(reo18)
最新コメント
ギャラリー
  • 鍵穴なき扉
  • calm
  • calm
  • calm
  • calm
  • 乱Way
  • 乱Way
  • 乱Way
  • ドルフィン
  • ドルフィン
  • ドルフィン
  • 掠めた風
  • 掠めた風
  • 掠めた風
  • 掠めた風
  • tremolo 蒼き楢の詩と夜
  • tremolo 蒼き楢の詩と夜
  • 瞬息の旅人
  • 瞬息の旅人
  • 瞬息の旅人
  • 非在の肌
  • 速球軌道
  • 速球軌道
  • 速球軌道
  • 速球軌道
  • 速球軌道
  • 速球軌道
  • 速球軌道
  • 速球軌道
  • 速球軌道
  • rouge
  • rouge
  • rouge
  • ヒューマンフォート
  • ヒューマンフォート
  • ヒューマンフォート
  • 安住の色
  • 安住の色
  • 安住の色
  • 安住の色
※ログイン不具合
コメント欄のログインについて、メール機能の不具合から、暫くの間 フォームを開くことが出来ません。以前お知らせしたログイン・キーを お持ちの方のみの送受信となっております。申し訳ありません。 ご理解をお願い致します。・・・管理人(reo18)
  • ライブドアブログ